快捷搜索:

走ることについて語るときに、僕の語ること

日期:2019-09-05编辑作者:首页

...實情戲軌沒有可談之事。
反而是雨後陽光後的字幕總令我印象深刻,
「精神病就像暴風雨
會落在好人和壞人的頭上
誰也無法躲避
雖然是永遠的不幸
但不比其他疾病來得更罪惡和丟臉」-1860年 葛萊斯科皇室精神病院病患者

           走ることについて語るときに、僕の語ること

如果天要下雨了,就簡單地為別人撐一把傘。

                              【村上春樹 作】

前書き/選択事項(オプショナル)としての苦しみ

真の紳士は、別れた女と、払った税金の話はしないという金言がある――というのは真っ赤な嘘だ。僕がさっき適当に作った。すみません。しかしもしそういう言葉が本当にあったとしたら、「健康法を語らない」というのも、紳士の条件のひとつになるかもしれない。たしかに真の紳士は自分の健康法について、人前でべらべらしゃべりまくったりはしないだろう。そういう気がする。

もちろん誰もが知ってのとおり、僕は真の紳士ではないので、そんなことをいちいち気にすることもないわけだが、それでもやはりこういう本を書くのは、なんとなく気恥ずかしいものである。しかし、言い訳をするみたいで恐縮だが、これは走ることについての本ではあるけれど、健康法についての本ではない。僕はここで「さあ、みんなで毎日走って健康になりましょう」というような主張を繰り広げているわけではない。あくまで僕という人間にとって走り続けるというのがどのようなことであったか、それについて思いを巡らしたり、あるいは自問自答しているだけだ。

サマセット・モームは「どんな髭剃りにも哲学がある」と書いている。どんなにつまらないことでも、日々続けていれば、そこには何かしらの観照のようなものが生まれるということなのだろう。僕もモーム氏の説に心から賛同したい。だから物書きとして、またランナーとして、走ることについての個人的なささやかな文章を書き、活字のかたちで発表したとしても、それほど道にはずれた行ないとは言えないはずだ。手間のかかる性格というべきか、僕は字にしてみないとものがうまく考えられない人間なので、自分が走る意味について考察するには、手を動かして実際にこのような文章を書いてみなくてはならなかった。

本文由环球彩票平台发布于首页,转载请注明出处:走ることについて語るときに、僕の語ること

关键词:

这是部矫情的伪爱情片,否则就是我瞎了

片子上映两个月,据说反响很不错,我是汤唯粉,可惜今天看了大失所望。但还得说,这不是汤唯的错,编剧就写了...

详细>>

无感不再

环球彩票登录,小时候条件有限,所以根本接触不到原版美剧,所以爱情公寓那些梗与那些人还是在很长一段时间可...

详细>>

绝对毁你三观及美好回忆的烂片

一句话,这是一部让你毁三观以及毁回忆的绝佳烂片。 对不起 不知道泪点在哪里一颗星都不想打。。 本来题材挺好...

详细>>

一个人的移民史

很多幕,还是有小感动的。奥巴马的狗那段,实在是很可乐。不过,理性想想,漏洞挺多。 一个多年没工作的拜金小...

详细>>